「現時」と「過去」との困難な交渉ーとある社会学徒の小部屋ー

関東の某国立大学の大学院で社会学を専攻。歴史をベースに教育,文学について研究。政治にも関心。

ブログタイトル変更しました

先ほどまで「週末ソシオロジストの遍歴時代」というタイトルでしたが,

何だか気恥ずかしくなり,タイトルを改めました。

新しいタイトルは,カロッサの『美しき惑いの年』p331の「「現時」と「永遠」の困難な交渉」(手塚富雄)からとりました。

 

取り急ぎ,ご報告まで。